大祓行事

来る6月30日に恒例の大祓行事を執り行います。
この大祓行事は、日頃知らず知らずの間に身につけた半年間の罪や穢れを祓い、身を清め、輪くぐりをして残る半年間の災厄が無いことを祈るものです。
これから暑い夏を迎えるにあたり、ご家族が健康で安泰でありますようご祈願ください。
尚、行事には自由にご参加いただけます。
終了後に催しもございますので、多くのご参拝をお待ちしております。

※昨年の催しはちんどんでした

形代(かたしろ)の記入について

形代(写真)

この人形(ひとがた)に切られたものを形代といいます。
形代は身代わりを意味しこれに氏名・年齢をご記入の上、息を吹きかけ、体を撫でたのち当社の形代箱にお入れください。

※6月30日当日はご社殿前の祓所にて神職よりお祓いを致します。

()()について

茅の輪の起源は、備後(びんご)風土記(ふどき)逸文(いつぶん)素戔鳴(すさのおの)(みこと)より蘇民将来(そみんしょうらい)が「もしこの世に災いが流行した時は、ちがやで輪を作り、これを腰につけておけば災いからのがれられるであろう」とお教えいただき、この故事に基づき茅の輪を作り、この輪をくぐることによって災いからのがれる信仰が生じてきたものです。
6月中旬〜下旬にはご社殿前、赤鳥居のところに設置いたします。

くぐり方

  1. 先ず、茅の輪の前に立ってお辞儀をします。
    左足からまたいで輪をくぐり、左回りに回って元の位置に戻ります。
  2. お辞儀をし、今度は右足からまたいで輪をくぐり、右回りに回って元の位置に戻ります。
  3. お辞儀をし、左足からまたいで輪をくぐり、ご神前まで進みます。
    二拝二拍手一拝の作法にてお参りをします。

茅の輪守り頒布について

茅の輪守り(写真)
みな月の 夏越の祓する人は ちとせの命 のぶといふなり 『公事根源より』

この茅の輪守りは、その由来はもとより家内安全、無病息災の祈りを込めて奉製したお守りです。
6月20〜30日までの頒布となります。

  • 1体 300円

いやしの音色 二胡の演奏

茅の輪くぐり神事終了後、二胡の演奏の催しを行います。
『ふるさと』『涙そうそう』『見上げてごらん』など演奏予定です。

日時
6月30日(水) 午後3時30分頃
場所
箭弓稲荷神社 記念館
  • 入場無料

【箭弓稲荷神社ご鎮座1300年】御奉賛の御願い

当社は御鎮座1300年の節目を迎えました。 それに伴い、社殿修繕、境内整備を主の目的として記念事業を行っております。 皆様の心からのご奉賛賜りたく御願い申し上げます。

箭弓稲荷神社
(やきゅういなりじんじゃ)
埼玉県東松山市箭弓町2-5-14
TEL.0493-22-2104
FAX.0493-22-3706
縁結びきつね やっくん・きゅうちゃん