めおとぎつね

  1. 表紙
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
めおとぎつね|3ページ目(写真)

箭弓稲荷についた二人は、休む間もなくおこもりに入り一心ふらんに神様にお願いした。

何日も何日もそれは続いた。
「なあ鈴よ、おれは毎日毎日まじめに働き、何んにも悪いこたあしねーのに、何んでやんめにかかり、しかもこんなに一生懸命お祈りしているのに、なおんねーのかなあー。」
定助の口からついついぐちがこぼれた。
「なにをいっているんです、おまえさん。もうすぐですよ、元気を出して下さい。」
「すまねーすまねー、ついついぐちをこぼしてしまって、おまえにも世話をかけるなー。」
定助はすまなそうにあやまって、見えない目で鈴を見上げながら、大工仕事で荒れた手で、鼻をこすった。鈴の目からなみだがこぼれた。

【箭弓稲荷神社ご鎮座1300年】御奉賛の御願い

当社は御鎮座1300年の節目を迎えました。 それに伴い、社殿修繕、境内整備を主の目的として記念事業を行っております。 皆様の心からのご奉賛賜りたく御願い申し上げます。

箭弓稲荷神社
(やきゅういなりじんじゃ)
埼玉県東松山市箭弓町2-5-14
TEL.0493-22-2104
FAX.0493-22-3706
縁結びきつね やっくん・きゅうちゃん