御宝物

県指定文化財

  • 社殿 一棟
  • 棟札 二枚
御内陣御扉(写真)

御内陣御扉

 本殿さんから(本殿のじんないじんを繋ぐ扉)には花の浮彫刻が、はめ込まれている。
 これらは極彩色されたもので、また正面のこうりょうにも彫刻が施されており、建物の外形とは異なる建築様式であることから、江戸中期享保三年(1718年)から寛政五年(1793年)の間に出来たものとされる。

市指定文化財

  • 元宮社
  • 手水舎
  • 絵馬 八枚 (現在は御社殿の耐震補強の関係により飾られてはおりません。
    参拝者の皆様にご覧いただけるように今後設備を整えていく予定です。)
元宮社

元宮社

元宮社は本殿の真後ろに鎮座しており、境内では最も古い建造物となります。
江戸時代中期、享保年間(1716〜1735)以前に造られたと推定され、社殿の周囲には「司馬温公の瓶割り」の彫刻が施されております。

手水舎

手水舎

手水舎は境内で元宮社に次いで古い建物で天保7年(1836年)に建立されました。
屋根は平成27年に復元工事を行い、創建当時と同じこけらへと葺き替えました。

関羽と張飛(写真)

「関羽と張飛」

三国時代蜀漢の武将、関羽と張飛を描いている。

馬上の中国武人(写真)

「馬上の中国武人」

絵馬彫刻。
三国時代蜀漢の武将の一人・関羽。字は雲長。
劉備玄徳を助けて功があった。

武人と騎馬武者(写真)

「武人と騎馬武者」

予譲の仇討(写真)

「予譲の仇討」

牛若丸と弁慶(写真)

「牛若丸と弁慶」

平安末期、千本刀狩の弁慶が放った薙刀をかわす牛若丸が描かれている。

俵藤太秀郷(写真)

「俵藤太秀郷」

平安中期の武将。
下野国(現栃木県)に本拠をおき、平将門の乱を平定した。

文人脇息に寄り(写真)

「文人脇息に寄り」

絵馬彫刻。
仮眠している源頼信の夢枕に当神社のご祭神が紫雲降下し、平忠常戦勝神護を告げている。
当神社の縁起についての絵馬彫刻である。

丸ニ呉服店(写真)

丸二呉服店」

江戸時代、忍藩(現埼玉県行田市)十万石の城下町、当時の山田清兵衛商店(呉服店)の商い風景を描いたもの。

【箭弓稲荷神社ご鎮座1300年】御奉賛の御願い

当社は御鎮座1300年の節目を迎えました。 それに伴い、社殿修繕、境内整備を主の目的として記念事業を行っております。 皆様の心からのご奉賛賜りたく御願い申し上げます。

箭弓稲荷神社
(やきゅういなりじんじゃ)
埼玉県東松山市箭弓町2-5-14
TEL.0493-22-2104
FAX.0493-22-3706
縁結びきつね やっくん・きゅうちゃん